• ポリオール コンポーネントガス充填用計量ユニット

AEROMAT

ポリオール コンポーネントガス充填用計量ユニット

反応性混合物の微細な気泡の発生、いわゆる核生成が、セルの形成およびポリウレタン フォームのセル構造にとって、とても重要な役割を担っています。そのため、特定の PUR アプリケーションにおけるポリオール サイドのガス充填は、絶対不可欠なのです。例えば、ハード統合スキン フォームの製造では、気孔形成に重要な無数のガス核を、生成します。また、RIM および PRIM アプリケーション等のコンパクトな PUR システムでの加工にて、ガス充填を幅広く行っています。化学反応の際、成形ツールないに保圧を発生させ、ヒケを防ぎ、仕上げ加工の手間を大幅に削減することができます。このようにして、コンパクト システムにおいて、高品質な表面の加工を実現することができるのです。様々な用途に対応することができる Hennecke の AEROMAT には、2 種類のバージョンが存在します。 25 % までの少から中量のガス充填の場合、『ST』バージョンを使用します。50~70 % の大量なガス充填の場合は、『GU』バージョンがお勧めです。

当社のエキスパートに、ご相談ください

計量機

コンタクト フォーム

星印(*)が表記されている欄は、入力必須です。回答には、これらの入力事項が必要です。

宛先: tobias.jansen[at]hennecke-japan[dot]com