• 冷却デバイス キャビネットの効率的な断熱を可能にするモジュール システム

KGS

冷却デバイス キャビネットの効率的な断熱を可能にするモジュール システム

KGS システム テクノロジーは、主に冷蔵キャビネットの断熱材に、使用されています。フレキシブルな使用の可能性、プラントの特質により、幅広い領域の製品の製造に対応することができます。これには、トップマウント、ボトムマウント、サイド バイ サイドの設備テクノロジーも含まれています。KGS システム テクノロジーは、一貫して、モジュール式構造でデザインされています。このモジュール式構造により、フレキシブルなプラント デザイン、そして迅速で簡単なプラント拡張が、可能になりました。KGS システムは、フォーム固定モジュールを使用しています。各製造の要件に合わせて、複数の KGS モジュールを接続することができます。 このシステムは、5 もしくは 10 のフォーム固定装備 KGS 5 もしくは KGS 10 に、主に使用されています。小規模から大規模なバッチまで、モジュール式構造は、多くのメリットを有しています。40 個までのフォーム固定を装備したプラントにて、Hennecke は、既に 1 日 6000 台以上ものキャビネットを、製造しています。つまり、1 台にかかる作業時間は、9 秒です。各モジュールの製造プロセスは、同一です。しかし、高度な製造の柔軟性を保つため、各モジュールは、独立して作動しています。

当社のエキスパートに、ご相談ください

断熱ライン

コンタクト フォーム

星印(*)が表記されている欄は、入力必須です。回答には、これらの入力事項が必要です。

宛先: tobias.jansen[at]hennecke-japan[dot]com