• 最適化された成形フォーム製造のマルチコンポーネント アプリケーション

TOPLINE HK-MF

最適化された成形フォーム製造のマルチコンポーネント アプリケーション

成形フォーム ラインは、TOPLINE  シリーズの開発に、大きな信頼を寄せています。成形フォーム製品の製造における特殊な要件に合わせ、『HK-MF』バージョンは、大幅に最適化されました。プラントネットワークにおける、6 種類までの反応性コンポーネントの確実な加工に、とても適しています。また、非常にコンパクトな機械の構造も、メリットのひとつです。反応性コンポーネントの全エレメントを収納する機械のフレームは、クラシックな TOPLINE に比べ、パイプを大幅に削減しており、スリムに仕上げられています。 コンポーネント供給ラインの温度制御システムが、高精度の温度管理を保証します。2 機のミックスヘッドもしくはインジェクション ロボットを使用することで、『HK-MF』をツインモジュールとして利用することができます。特に 12 種類までの軽量ラインでのマルチ コンポーネント アプリケーションの場合、製造スペースをあまり必要としないこのコンパクトな構造が、大きな意味を持ちます。WKH ユニットの標準装備には、効率的な原料温度管理に加え、HQ 軸ピストン ポンプが含まれています。オプションとして、最新のマグネット カップリング テクノロジーをはじめとする様々な機能を、装備することも可能です。

当社のエキスパートに、ご相談ください

モールドフォーム ライン

コンタクト フォーム

星印(*)が表記されている欄は、入力必須です。回答には、これらの入力事項が必要です。

宛先: tobias.jansen[at]hennecke-japan[dot]com