• 多彩な製品および大量生産のためのフレキシブルな楕円コンベア

WKH システム

多彩な製品および大量生産のためのフレキシブルな楕円コンベア

Hennecke の WHK 楕円コンベアは、楕円搬送システムを採用しています。このコンベアは、主に自動車シートの PUR フォーム パーツの製造に、利用されています。さらに、アームレスト、ヘッドレスト等の小型パーツ、様々な用途を対象とした製品の製造でも、フレキシブルな WKH プラント技術は活躍しています。メーカーや車両タイプに合わせて、異なる配合の製品を製造しなくてはならないうえに、シート自体のバリエーションは増える一方であるため、製造において、成形の変更は必要不可欠です。このようなケースに対応し、Hennecke GmbH は、自動オン/オフ ステーション(QCD および ECD システム)を装備した楕円形コンベア コンセプトを実現しました。これにより、製造ライン稼働中の成形キャリアの交換が可能になり、コンベアは 15 m/min という速度で移動します。

当社のエキスパートに、ご相談ください

モールドフォーム ライン

コンタクト フォーム

星印(*)が表記されている欄は、入力必須です。回答には、これらの入力事項が必要です。

宛先: tobias.jansen[at]hennecke-japan[dot]com

製品動画

自動製造プラント一覧